有名勃起薬レビトラの成分と特徴やバイアグラとの比較

レビトラ

レビトラは勃起しにくい男性が飲むおくすりで、EDと診断されている男性がこのlevitraを飲むことによって、勃起させるようにペニスまでの血流を促進するというものです。

勃起しにくいという症状は男性にとっては悩ましい症状であり、30~50代の多くの男性がこのEDに悩まされているという現実があります。

勃起はするのだけれど、長持ちしない。興奮はするけれど硬さがイマイチなど、症状は人によってさまざまです。そんな悩みを解決するためのおくすりなのです。

レビトラは大手の製薬会社が製造と販売を手掛けているので、安全面をとっても比較的問題ないといえるでしょう。

ただし、間違った飲み方や、ネットなどで購入した際にはニセモノなども出回っているので、そのあたりを理解していないと後々危険です。

レビトラの成分

このレビトラには勃起を促進するために必要な成分が含まれています。バルデナフィルという名前の成分で、この成分が含まれていることによって起ちにくいペニスが本来の元気を取り戻し、若かりし頃のような硬くて長持ちするような状態を作り出すとされています。

もちろん、100%ではなく、人によって効き目が悪かったり、逆もしかりで、効きすぎてしまう方もいるようなので、用量・用法はしっかりと守って使う事をおすすめします。

成分について不安があったり、イマイチ成分そのものが理解できない男性は、専門の医師に確認してから飲むと良いです。

レビトラの特徴

なんといっても他のED薬との違いはそのおくすりの効き具合です。通常、EDのおくすりと言えば、バイアグラが一番有名だと思いますが、バイアグラの場合は、飲んでから効き目が出てくるのに数十分~1時間程度と言われています、それに対してレビトラは早くて10分近くで効き目がでるので、性行為を行う際にもタイミングを見計らってさりげなく飲めるというメリットがあります。

これは勃起薬のなかでもバルデナフィル成分を含んでいるレビトラ系の特徴なのです。

勃起薬と言えばバイアグラというイメージが強いと思いますが、皆さんはこのレビトラの情報を踏まえてどちらが良いと感じましたでしょうか?

もちろん、好みもありますし、バイアグラの方が良かったという声もありますが、どちらが自分に合っているか、試してみるのも良いかもしれませんね♪