ED治療薬レビトラの服用方法と注意点について

飲み方

EDの患者さんはバイアグラをはじめ、多くの勃起薬を飲んでいる事だと思います。主な正規品と言えば王道のバイアグラ、勃起の持ち時間が長いと言われているシアリス、効き目が早く即効性に対して優秀なレビトラでしょう。

それに加えてそれぞれのジェネリックと言われている後から製造された後発品など、種類はさまざまです。

どんなおくすりでも飲み方がありますので、このページではレビトラの飲み方についてご紹介。

レビトラはこうやって飲む

ED対策用のおくすりとして認知されているレビトラ。このレビトラはどうやって飲めばよいのか?気になる男性もいることでしょう。

levitraは食べ物(食事)の影響は比較的少ないと言われていますが、やはり一番効果がでると言われているのは食事をする前の空腹状態です。

空腹のほうがレビトラが体に吸収されるのが早く、より効果を実感できるのです。個人によっても多少なり時間は異なるのですが、だいたいの目安としては早い方で10分前後、遅くても20~30分程度で現れるでしょう。

とにもかくにも食前に飲むことをおすすめします!!

コツと注意点

即効性に優れているのはもちろんのことですが、その他の勃起薬を含め、レビトラを飲んだことがある男性ならわかるはず。効き目は早いのですが、やはり十分な効果を実感しておくには40分~1時間前を目安に飲んでおくと良いのです。

夜の営みにはタイミングもあるでしょうし、意外とおくすりを飲むタイミングを逃してしまう方もいるようですので、前もって事前に!という事です。

また、飲み過ぎても危険ですので、1日に1回という感覚は忘れないようにしておきましょう。

1日に何回も行為を行う!という男性もいるとは思いますが、おくすりの効果が切れたタイミングでも連続して飲まないようにしましょう。

副作用もつきまといますし、あくまで医薬品ということをお忘れないようにすることが大切です。

飲み方まとめ

最後になりますが、本当のED患者さんはレビトラを飲んだ後にその効果を実感していると思います。ただ、その高揚したノリで友人などにおくすりを渡すのはやめましょう。アナタ自身も本気で悩んでおくすりについて調べてから服用していると思いますので、副作用や併用禁忌薬について友人の方に説明できるのであれば多少は安心ですが、そのあたりを説明せずに飲ませてしまうと危険も伴うので、安易な考えであげてしまう事は避けてくださいね。