勃起薬レビトラを服用する際の食事とお酒の関係とは

食事

レビトラには少なからずですが、食事やお酒の影響も関係していると言われています。これはレビトラに関係なく、ほとんどの勃起不全用のおくすりに該当するのですが、満腹状態やアルコールを摂取し過ぎている状態の場合には、本来の効き目がでずにおくすりの無駄使いになってしまう事もあるのです。

このページでは具体的に食事やお酒がどのようにレビトラに関わってくるのかをまとめています。

食事のタイミングや制限はある?

皆さんはレビトラを飲むタイミングっていつだと思いますか?

普通に考えるのであれば、単純に「性行為をする前」というイメージがあると思うのですが、意外とタイミングは重要だったりもします。

特に食事に関しては、他のED薬も同様にお腹が満たされている状態だと効き目が出にくかったり、まったく効果がなかったという話もあるようです。

レビトラに関しては、基本的に食事の影響はそこまでないと言われてもいるのですが、やはり食事を摂りすぎている満腹時に飲んでしまうと効き目が弱まったりする恐れがあります。

また、こってりした食べ物は消化にも時間がかかりますし、体内での消化が優先され、レビトラを飲んだとしてもレビトラ本来の効き目が非常に出にくくなってしまう可能性があります。

ですので、一番ベストなタイミングとしては空腹時、また、食事の後に飲もうと思っている場合にはある程度軽食で済ませておくことをオススメします!

アルコール(お酒)との関係

EDの先駆け的存在、バイアグラやその他ジェネリック品などにはアルコールを飲んだ状態だと効き目が非常に薄くなってしまい、また、副作用に関する危険性も高まってしまう恐れがありました。

では、レビトラはどうなのでしょうか?

結論から申しますとアルコールでの影響も少なからずあります。アルウコールを摂取している状態ですと体の状態も通常とは異なりますので、レビトラの成分を十分に吸収できない可能性があるのです。

しかし、性行為をする前にお酒を飲んでいるパターンって結構ありますよね?

全く飲まないというのは難しいと思いますが、レビトラを飲もうと思っている時には適度な量にしておくと良いでしょう。

適量であれば、逆にリラックスできて、良い感じに性行為も楽しめますし、レビトラの効き目も失うことなく、夜の営みを満喫できることでしょう。